診療案内

休診日

土曜日午後、日曜日、祝日

診療時間

診療受付時間

表を左右にスワイプしてご確認ください。

日・祝
午前
8:30~11:00
午後
15:00~17:20
  • 午前:8:30~11:00
  • 午後:15:00~17:20

火曜日午後・水曜日午後は、大腸内視鏡検査のみ


大腸内視鏡検査時間

表を左右にスワイプしてご確認ください。

日・祝
11:30~15:00
  • 11:30~15:00

診療科目

一般内科

風邪やインフルエンザなどはもちろん、高血圧、糖尿病、高脂血症やメタボリック症候群などの生活習慣病の診断・治療・管理のほか、肺炎、ぜんそくといった呼吸器疾患、アレルギー性疾患、骨粗鬆症、慢性肝疾患、動脈硬化性疾患などの診断・治療を行います。

次の様な症状がある場合、お早めにご相談下さい。

  • 発熱、咳、喉の痛み
  • 腹痛、頭痛、胸の痛み、動悸
  • 嘔吐、下痢、血尿、便秘
  • 倦怠感、体重減少 など

不定愁訴(原因のはっきりしない体の不調)についてもご相談ください。


生活習慣病・メタボリック症候群について

生活習慣病・メタボリック症候群とは、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症・痛風といった、生活習慣が原因で生じる慢性病の事をいいます。

生活習慣病、メタボリック症候群は無症状な事が多く、また病気が進むと様々な合併症を引き起こします。特に心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まります。

治療については生活習慣やライフスタイルを変える事から始めますが、食事の取り方、内容、運動の種類や量、嗜好品(たばこやお酒)、睡眠時間、ストレス管理に至るまで、幅広く考えていく事で効果的に進める事が出来ます。

当院では、生活習慣の見直しやアドバイス(食事療法や栄養指導)をはじめ個々の患者様にとって適切な診断と治療、管理を行います。


糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。

血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。

また、重度の場合には昏睡状態(糖尿病性アシドージス)に陥り生命に危険が及ぶ事もあります。

1型糖尿病は自己免疫疾患やウイルスなどの原因によって、膵臓機能に支障をきたし発症します。

2型糖尿病は、加齢と遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なり発症します。


高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

高血圧はの原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられております。


脂質異常症(高脂血症)

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。

これら余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。
高脂血症の主な原因は食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足が考えられます。

消化器内科

食道、胃、小腸、大腸などの消化管とそれ以外の肝臓、胆のう、胆管、膵臓の疾患を専門的に診療します。

食道炎、逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、胃がん、食道がん、十二指腸潰瘍、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患、肝炎、肝硬変、胆石症、胆嚢ポリープ、膵炎、ヘリコバクターピロリ感染検査と除菌療法などを行います。


ヘリコバクター・ピロリ感染症

胃にヘリコバクター・ピロリ菌がいると、胃がんになりやすくなるなどとテレビなどで言われていますが、その頻度は一生涯で1-2%ほどです。

ピロリ菌を除菌すると胃がんになる可能性は3分の1以下に減少します。ピロリ菌は年齢5歳以上の人にはほとんど感染しないため、一度除菌に成功すると、その胃がん予防効果はほぼ一生涯持続します。それだけにピロリ菌が除菌されたかどうかの判定はとても重要です。薬さえ飲めば必ず除菌される、というわけではありません。除菌されたかどうかについては、除菌治療終了後2か月以上してから尿素呼気試験(袋に息を吹き込み、お薬を一錠内服し、20分後にまた袋に息を吹き込む検査)、あるいは便中抗原(便を提出)などの検査を行う必要があります。
ピロリ菌を除菌しても胃がんにならなくなるわけではないので、除菌後も定期的な内視鏡検査は継続していく必要があります。

除菌の副作用としては、逆流性食道炎や下痢などがあります。時に問題となるのがペニシリンアレルギーによる湿疹です。頻度は数%ですが、抗生剤でアレルギーの症状を起こしたことのある方は注意が必要です。

上部消化管内視鏡検査


過敏性腸症候群について

どんな病気?

内視鏡などの検査で異常がないのに、腹痛を伴う便通異常(便秘も下痢もあり)があるとき、過敏性腸症候群を疑います。

ローマIII基準という診断基準が有名です。

ローマIII基準

最近3ヶ月の間に、1ヶ月のうち3日以上、お腹の痛みや不快感を繰り返す
次の3項目のうち2項目以上当てはまる

  • 排便によって症状が軽くなる
  • お腹の症状とともに、排便の回数が増えたり減ったりする
  • お腹の症状とともに、便がゆるくなったり、硬くなったりする

そのほか、睡眠中の症状がない、平日の方が休日よりも症状が出やすい、などを参考にする場合もあります。

過敏性腸症候群のほとんどは症状が持続せず、自然に治ると言われています。また、放置したからといって重症化することもあまりありません。しかし、日常生活に支障をきたすときは治療が必要になります。

しかし、病院を受診する前に、まず、睡眠を十分にとり、規則正しい生活を心がけましょう。また、腹八分、よく噛んで食べる、早食いをしない、など食習慣の見直しも大事です。それでも良くならないときや、よくはなっても心配がのこるときは、一度受診してお話を聞かせて下さい。

また、過敏性腸症候群は、ストレス、うつの傾向、体の症状を気にしすぎる傾向などによって悪化することも知られています。ストレスの影響があると思うときや気持ちが不安定なときは、心療内科の受診が必要な場合もあります。

内視鏡医としての個人的な経験ですが、内視鏡検査を受けて大腸がんがなかった、と安心するだけで症状が軽くなる方も結構いらっしゃいます。

診断基準上も、内視鏡などで病気がないことを確認することが条件ですので、お腹の症状が数ヶ月続くときは、大腸内視鏡検査をお勧めします。

大腸内視鏡検査


逆流性食道炎

通常、胃と食道の間は、胃から胃酸や食べ物が食道内へ流入(逆流)しないように、一定の圧力が加わり閉まっています。

しかし、何らかの原因で胃酸が食道へ逆流し、その酸が原因で食道粘膜に炎症を起こしてしまう病気を「逆流性食道炎」といいます。

よくある質問

大腸がん検診で陽性と診断されたときはどうしたら良いですか?

大腸内視鏡検査などの精密検査が必要です。精密検査で1~2%の方にがんが見つかります。また、30~40%の方にポリープが見つかりますが、その場で拡大内視鏡などで精密検査を行い、必要があればそのまま内視鏡で切除することができます。当院での検査時間は10~20分、ポリープ1個治療するのは3~5分ほどです。


大腸がんを予防するにはどうしたらよいのですか?

大腸ポリープを内視鏡で切除することで大腸がんによる死亡率が低下することは証明されています。
もちろん内視鏡検査により大腸がんによる死亡率が著明に低下することも証明されています。
その他、喫煙、肥満、糖尿病などは大腸がんの危険因子として知られています。
禁煙、体重を増やさないこと、血糖コントロールをよくすることで予防できる可能性があります。また、有酸素運動を行う能力の低い人は大腸がんになりやすいと報告されています。
適度な運動が、がんの予防となる可能性があります。


胃カメラではどのような疾患の検査が可能ですか?

検査中の嘔吐感はつらいものです。「咽頭反射」という異物を吐き出そうという体の防御反応のためです。
内視鏡スコープが舌の付け根に触れることで、この反応が起きてしまいます。
鼻から極細のスコープを入れることによってこの反応を最小限に抑えることができます。また、口はふさがれないため、医師と話しながら検査が可能です。


ピロリ菌とは何ですか?

正式にはヘリコバクター・ピロリ菌といって、胃粘膜に感染するらせん状の細菌です。
感染した人すべてではありませんが、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こします。胃がんや胃悪性リンパ腫の原因のひとつともいわれています。
当院ではピロリ菌検査およびピロリ菌除菌を行っています。


便潜血検査で何かわかりますか?

消化管にがんや潰瘍などの出血しやすい病変がある場合、便潜血反応が陽性となり、消化管の病気を見つけるきっかけとなることがあります。
大腸がん検診としての有効性は証明されていますが、あくまで「陽性となった場合、大腸内視鏡検査を受ければ」という条件つきです。残念ながら、「陰性だから大腸がんの心配はない」ということを保証するものではありません。


トップに
戻る