お知らせ

新型コロナウイルス感染症が心配な方へ
〜正しく恐れ、決してガードを下ろさないようにしましょう〜

広がりが止まらないCOVIDー19です。当院でも先日、私(院長)が模擬患者となり、職員全体で感染対策の演習を行いました。引続き、気を引き締めてまいります

さて、「正しく恐れ、ガードを下ろさない」とは、

  1. 外出後の手洗い、消毒などの手指衛生。できれば洗顔も。
  2. せき、くしゃみエチケット
  3. 顔、特に鼻、口に触れない
  4. 「三密」を避ける。密集、密封、密接を可能な限り避ける。

などのごく一般的な注意事項を常におろそかにしないということです。
経過が長くなってだんだんやらなくなる、ということがないように気をつけましょう。

お仕事の都合上、情報収拾が必要な方以外は、新型コロナウイルス関連のことをテレビで見たりインターネットで調べる時間を1時間以内としましょう。
頭に入れて楽しい気分になるような情報は免疫力をあげ、不安な気持ちになるような情報は免疫力を下げる、という説もあります。

また、皆さん、運動はしていますか?家の中でできる体操などを心がけましょう。
一番簡単にできる運動は「エア平泳ぎ」です。方法は簡単。座ったまま平泳ぎの真似を両手でするだけです。
食前あるいは食後にまずは20〜30回ほどをお勧めします。結構運動になりますし、肩こり予防にも有効です。
免疫力を保つためにも適度な運動は必要です。

運動不足やテレビ、インターネットの見過ぎはストレスの原因となり、ストレスは免疫力低下の原因となります。
今すぐテレビ、パソコン、スマホから離れて、エア平泳ぎを!(別の運動でも、もちろんOKです)

また従来通り、厚生労働省からの指導に従って診療を行っていきます。

  1. 37.5度以上の発熱や風邪症状が4日以上続く方(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患、人工透析中、抗がん剤治療治療中、妊婦の方は2日)
  2. 強いだるさや息苦しさがある方
  3. 新型コロナウイルス感染症確定患者と濃厚接触歴がある方

などは、COVID-19の可能性を調べる必要がある可能性があるため、当院を受診したとしても、保健所に連絡して「帰国者・接触者外来」のある施設を受診していただくようになります。
上記の方は、新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター(0570-783-770)へのご連絡をお勧めします。


トップに
戻る