お知らせ

風邪症状に対する当院の考え方

風邪症状の原因のほとんどはウイルス感染症です。典型的なウイルス感染よる急性上気道炎は鼻汁、喉の痛み、せきなどです。安静とこまめな水分摂取で自然に治ることがほとんどです。
いわゆる感冒薬は、風邪を治す薬ではありません。頭痛や喉の痛み、鼻汁、せきなどのつらさを和らげる薬です。
「悪くならないうちに」「早めに薬をもらって早く治したい」というお気持ちはわかりますが、そもそも風邪を早く治す薬が存在しないため、症状を和らげる以外にあまり有効は方法はありません。
風邪を早く治すのに必要なのは安静、そしてこまめな水分摂取です。
逆に安静が保てないと治りは悪くなります。
ちなみに風邪の初期に抗生剤(抗菌薬)は効きません。抗生剤は細菌を抑える薬なのでウイルスには効きません。
抗生剤を飲むのは、2次感染という風邪で弱った粘膜に細菌が感染した時です。その時は鼻、喉、せきのいずれかの症状が極端に強く出る場合が多く、通常は4−5日以上経過してからです。そのほか、溶連菌感染症(せきがなく咽頭痛、発熱)、マイコプラズマ感染症(鼻汁なく、せきが強い)、副鼻腔炎(黄色い鼻汁、鼻づまり、頭痛)など一部の細菌感染症に対しては抗生剤を処方します。

最近広がっているコロナウイルス感染症については厚生労働省の相談窓口までお問い合わせください。

  • かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人
  • 解熱剤を飲み続けなければならない人
  • 強いだるさや息苦しさがある人
  • 発熱、咳などの症状であって、新型コ ロナウイルス感染症であると確定したものと接触があった方
  • 37.5°C以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前 14 日以内に中国湖北省に渡航又は 居住していた方
  • 37.5°C以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前 14 日以内に中国湖北省に渡航又は 居住していたものと接触があった方

厚生労働省の電話相談窓口
電話番号 0120−565653
受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)


トップに
戻る