当院の特徴|北足立郡羽貫駅の内科・消化器内科|石くぼ医院

ご相談・お問い合わせは 048-872-6121

当院の特徴

大腸内視鏡検査が専門です

これまで1万件以上の大腸内視鏡検査を行なってきましたが、その経験を生かし、丁寧かつ精密な検査を行います。
拡大内視鏡や特殊光などの機能を搭載した最新の機器を導入しています。
検査中の腹満感が軽くなるように、二酸化炭素による送気システムもそろえております。
また、内視鏡を介した感染対策として最高水準の方法を取り入れています。

内視鏡検査 設備・機能

拡大内視鏡

拡大内視鏡とは大腸腫瘍の表面を虫眼鏡をあてるように拡大して観察する方法です。表面の構造を拡大して詳細に診断することにより、その腫瘍が治療の適応であるかどうかについて診断します。
無駄な内視鏡治療を避けるために行います。

特殊光(光デジタルによる画像強調)

従来の白色光では発見されにくかった色調変化に乏しい病変を観察しやすくするために特殊光による観察を行う場合もあります。
特に食道、胃の腫瘍の早期発見に有用です。

二酸化炭素(CO2)による送気システム

内視鏡検査では気体で消化管を膨らませないと十分に観察できませんが、その気体が原因で検査中や検査後におなかがガスで張る感じが起こることがあります。
二酸化炭素(CO2)は大気中の空気よりも消化管からの吸収が早く、腹満感が起こりにくいため、当院ではCO2送気システムを採用しています。

大腸ポリープ切除後の合併症対策

大腸ポリープの切除は基本的に「日帰り手術」で行います。大腸ポリープを切除すると、帰宅後に出血することがまれにあります。その場合は再度内視鏡を行い、止血する必要があります。
当院では大腸ポリープを切除した患者さんと院長の間にホットラインを設け、万一出血した場合は迅速に対応致します。
また、ポリープを切除した傷口をクリップという道具でふさぎ、出血を予防します。
部位的に、また大きさ的に出血する可能性が高いと思われる場合は、近隣の医療機関と連携して入院での治療をおすすめする場合もあります。

徹底した感染対策

使用した内視鏡は「過酢酸」を用いて消毒します。「過酢酸」は内視鏡の消毒薬の中で最も強力な作用を持ちながらも人体や環境への影響が最も少ないものです。
また、患者さんに接触しうる処置具はすべて使い捨て(ディスポーザブル)としています。
いずれも内視鏡を介した感染を予防するための最高水準の方法です。

当院では1日で上部と大腸、両方の内視鏡検査が可能です

当院では患者様のご希望に応じて胃カメラと大腸内視鏡検査を同日中に行うことが可能です。鎮静剤を使用して、大腸内視鏡検査に連続して胃カメラを行います。
1日で両方の検査を行えるので、麻酔や前処置も1回で済みますので時間の短縮と身体負担の軽減といったメリットがあります。

ページのトップへ